ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

【ポケモンGO】わざマシン実装へ!ハズレ技ポケモンをキープしてたトレーナー勝利(6/22追記)

2017/06/22

わざマシン登場
ジムバトルのアップデートの内容が発表され、活況を呈しているポケモンGO界隈の一方、ほのおこおりイベントの最終日を日付変わって6/21の夜中までこなしてきました。

※その後延長が発表されました…

この期間中、ガーディは予想してた以上に集まったのでウインディを2体つくれました。

しかし、ひけた技は「バークアウト」と「かみくだく」で、両方とも「あく」タイプ。

「ほのお」「あく」の2タイプ持ちのヘルガーでこの技構成なら大当たりでしょうが、ウインディは「あく」タイプ持ちじゃないので微妙な気持ちになりました。

「あく」タイプ技統一のウインディ…あえて使うなら防衛用だけど、何にしろシャワーズを当てられたら一たまりもないだろうなと。

このように苦労してアメを集めたポケモンを進化させる時の「技ガチャ」をやり直したいトレーナーは枚挙に暇がないと思われます。

そこで、今回のアップデートで登場するのが「わざマシン」です。

わざマシンとは何か

技マシン「わざマシン」はポケモンが覚えている技をランダムで変更できるアイテムで、現在持っている技を引くことなく、他の技に書き換えができます。

なので、例えばウインディの通常技は「バークアウト」と「ほのおのキバ」ですが、今持っている技が「バークアウト」であれば、「わざマシン」を使えば「ほのおのキバ」を引くことができます。

「わざマシン」自体はポケモンGO発祥ではなく、初代の『ポケットモンスター赤・緑』よりあったアイテムで、代々の作品にも登場しており、ポケモンGOでも待望の実装となります。

入手条件はレイドバトルでの勝利

レイドバトル海外ポケモンGO情報サイト『GOHUB』によれば、「わざマシン」は2種類用意され、通常技用の「わざマシーンノーマル」と、ゲージ技用の「わざマシンスペシャル」が登場。

入手条件は、レイドバトルの勝利でランダムドロップとなっているようです。

わざマシン取得率どれくらい?

ハイドロポンプ気になるのは取得率がどれくらいになるかですね。

レイドバトルに参加して頻繁に入手できるなら、ハイドロポンプを引いてしまったパルシェンを「こおり」技に一致させたり、リングマを「カウンター」「インファイト」のかくとう技統一にしたいところですが、頻繁に出ないものであれば、カイリューやバンギラスといった強力なレアポケモンの技ガチャのために温存しておいた方が良いという使い方になります。

これまで、アメ100個以上集めて苦労して進化させて、しかも高個体値、高CPだったポケモンが「ハズレ技」で、泣く泣くアメに変えたトレーナーも多かったと思いますが、これからは「わざマシン」で挽回の可能性があります。

また、「わざマシン」の導入を信じて、高個体値、高CPのポケモンをキープしていたトレーナーは、ようやく陽の目を浴びそうですね。

レガシー技はゲットできません(6/22追記)

胃袋カイリューネット上の噂では、過去の仕様では「技ガチャ」で引けたものの、現在の仕様では削除されて引けなくなってしまっている「レガシー技」が、技マシン登場によって再び引けるようになるのではないか?というのもありました。

カイリューにおける「りゅうのいぶき」や「ドラゴンクロー」、カビゴンの「のしかかり」がレガシー技の代表例で、初期からプレイしているポケモンGOトレーナーには今となっては希少種として人気が高いです。

しかし、「レガシー技」が「わざマシン」導入によって、再度引けるようになるか、これは不可能のようです。

また、通常技を再度引き当てる「わざマシーンノーマル」はトレーナーレベル15から、「わざマシーンスペシャル」はレベル25から使用可能となっています。

-ニュース