ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

攻略情報 関連情報

【ポケモンGO】SNSの情報を解析して表示させる『Pokémon GO Insight』は使えるのか解説【攻略】

2016/09/20

SNSの情報を解析して表示させる『Pokémon GO Insight』は使えるのか解説

“ポケビジョン”“P-GO SEARCH”は皆さんご存知の通りナイアンテックのサーバーからポケモン出現データを参照して表示させるサービスです。

しかし、ナイアンテックが「サーバーに負荷をかける根本的な原因として」本格的にこのようなサードパーティーアプリからの接続をシャットアウト、泣く泣く各アプリは白旗を上げ撤退をしていったことは以前お話しした通り。

そこで新たに紹介した「ポケストップGO」のサイトを紹介しましたが、今回はもう一つ似たようなサービスをご紹介しましょう。

☆文章読むのめんどくさい方は「まとめ」で集約してます

◆位置情報分析のナイトレイが『Pokémon GO Insight』を正式リリース

『Pokémon GO Insight』スクリーンショット
位置情報データのアナリティクス技術を開発しているナイトレイは8月3日に「ポケモンGO」人気スポットレアポケモンの出現情報を地図上に表示するウェブサービス「Pokémon GO Insight」を正式リリースしました。

ポケモンGOユーザのソーシャルメディア投稿を解析することで、どのスポットにどのようなポケモンが出現しているかを俯瞰的に把握することができるようになっている。

◆ポケモンGOの楽しみを残しつつも楽しくポケモン探しに生かせる

ポケモン探しを生かしつつ楽しめる
つまり、今まではポケモンGOのサーバーにアクセスしたりなど直接ソースを参照するアプリやツールが多く出ていたが今回の「Pokémon GO Insight」は実際のポケモンGOユーザーから得た目撃情報や捕獲情報をリアルに解析して算出するもので、「ポケモンGO」の根本的な楽しみである“近くにいるポケモンを探し出す”という
醍醐味を生かしつつ楽しめるツールになっている。

例えると今までの解析でいうと目的の地域に「カビゴン」がいた情報があるが実際に行ってみないとわからない宝探し的な手法をとれる。

◆信頼性はいかほどか

信頼性としてはかなり有力であるのではないかと筆者は感じる。
理由は今回「Pokémon GO Insight」を開発しているナイトレイはこれまでにも独自の位置情報分析技術を活用し、ソーシャルメディア上の投稿から得られた情報を分析することで企業がマーケティングなどに活用できる
「ナイトレイGISメッシュデータ」「inbound insight」といったサービスを展開しているためで、
ポケモンGOがリリースされてから1週間後の7月下旬、同社が持つ解析データや豊富なリソースを応用することで、ポケモンGOの人気スポットが地図上に表示される「PokemonGo Popular Spot」をリリースし今回、レアポケモンの出現情報表示を改善するなどし、「Pokémon GO Insight」として正式リリースに至った経緯があるからである。

◆まとめ

使用した感じは結構“正確”だが表示は“おおざっぱ”といった印象です。

位置情報やソースは信頼性に富んでいますが、実際のポケモンの表示が
S : ほとんど出現しない
A : あまり出現しない
B : たまに出現する
C : わりと出現する
D : よく出現する
E : どこにでも出現する
のみに分かれていて、ポケモン個別での検索ができないことと、
人気スポットもランキング順で30位までしか記載がないところが地方の人間に厳しい印象がありまだ改善のよちがあるなと感じています。

使えるか使えないかといえば、まぁ使える。みたいな感じでしょうか。

今後のアップデートに期待ですね。


ポケモンGOプレス掲示板バナー


-攻略情報, 関連情報