ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

レポート

【ポケモンGO 】【行ってみた】国立科学博物館附属自然教育園

2016/09/15

行ってみた企画第10弾!!

今回は「国立科学博物館附属自然教育園」です。

image

 

場所は東京都港区白金台5-21-5

JR山手線または東急目黒線、目黒駅東口より目黒通り徒歩9分です。

自然教育園は、大都市「東京」の中心部にあって今なお豊かな自然が残る、都会の中のオアシスともいえる貴重な森林緑地です。

本当に「東京都なのか?」と言えるくらいの広さと自然にあふれている場所です。

科学博物館附属となる為、入場料がかかる場所ですが

レポートした理由は後半に。

入口に券売機にてチケットを購入します。

※大人310円高校生以下は無料です。

入口に「ミュージアムショップ」があり

植物の種子について楽しく学べる模型キット類なども販売されてます。

いよいよ入園となるのですがさっそく大自然が全開です。

image

 

お出迎えしてくれたポケモンは「カラカラ」です。

実は「カラカラの巣」という噂だったのですが1時間で3匹程と、先日の「林試の森公園」での「ブーバーの巣」のようないかにも「巣」という感じはありませんでした。。

image

 

レアポケモンはフシギソウラフレシアがゲットできました。

 

ここからは「自然教育園」がおすすめな本当の理由です。

 

ランクが高くなったり、レアポケモンをゲットしたり、ポケモンが育ってきたりすると、、

やっぱり自分の腕を試したいですよね?

しかし街中のジムは強豪ひしめく激戦区…(-_-)

 

なんとここには入園しないとだどりつけない場所に「ジム」が存在します(・∀・)

 

ジム画像

 

入園料を払って入らないと近づけない=つまり街中よりも遥かにライバルが少ないジム!ということです。

 

筆者もさっそく占拠してみました!わーい(・∀・)

他チームの方、近寄らないで!!(笑)

 

※注意※

このレポートは8月19日のものです。

8月23日に一部巣の更新が行われました。

国立科学博物館附属自然教育園は今のところ更新されたという情報はありませんが、今後更新が予想されますのでご注意ください。


ポケモンGOプレス掲示板バナー

 


-レポート