ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

ニュース

【ポケモンGO】日本運動疫学会、ポケモンGOなど身体活動を促進するゲームの普及推進へ

2016/09/14

【ニュース】日本運動疫学会、ポケモンGOなど身体活動を促進するゲームの普及推進へ
【ニュース】日本運動疫学会、ポケモンGOなど身体活動を促進するゲームの普及推進へ
日本運動疫学会が「ポケモンGO」を評価し、こうした身体活動を促進するゲームの開発・普及を期待する旨の声明を発表したようです(・∀・)


国民の運動や身体活動と健康に関する研究・促進活動を行っている日本運動疫学会が、位置情報を活用したARゲーム「ポケモンGO」を評価し、こうした身体活動を促進するゲームの開発・普及を期待する旨の声明を発表した。

健康維持促進の観点から評価されているポケモンGOは、外に出て歩くことでゲームを進めていくゲーム内容となっている。運動量の増加により「肥満の予防、骨粗しょう症の予防、更年期障害の改善、筋肉量の増加、意欲向上、睡眠の質向上」など様々な効果が期待できる。アメリカの調査会社によれば、ポケモンGOの平均利用時間は33分25秒と、厚生労働省の推奨する「1回30分の運動を週2回以上することや、1日20分程度のウォーキング」の要件を満たしている。歩くことに加え、ゲームによって脳の報酬系が刺激され「ドーパミン」の分泌が促されるため、意欲が向上することもわかっている。

カナダ放送協会電子版によると、カナダでは社交不安障害で7年間自宅に引きこもっていた女児が、ポケモンGOによって、街に出かけることが可能になったとのこと。これ以外にも鬱病や社交不安障害、強迫神経症や依存症といった精神疾患に悩む人がポケモンGOをやるようになって症状が改善した事例が数多く出てきており、成功体験や目標を得られるツールとしてもポケモンGOが評価され始めている。
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160827-00000071-economic-bus_all


ゲームがこういった評価を受けるなんて史上初なんじゃないでしょうか(笑)
マナーの徹底や事故の防止が大前提ではありますが、ゲームを楽しみながら健康維持ができるというのはホントに素晴らしいですね(゚∀゚)

公園等に行くとお子さんと二人で楽しそうにポケモンGOをやっているお父さんをよく見かけるので
健康面だけでなく、家族間コミュニケーションの促進にも一役買っているような気がします(・∀・)


-ニュース