ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

ニュース 関連情報

【ポケモンGO 】復活してるかも!BANされた人は今すぐログインすべき理由

2016/09/14

【ポケモンGO 】復活してるかも!BANされた人は今すぐログインすべき理由

「外部マップツールを利用したユーザーはアカウント規制の対象となる」
そんな情報が出されてから軒並みアカウント規制を受けるユーザーが後を絶たず…。

結果、レベルをそこそこ上げたのに規制されたため新しくアカウントを作り直す気力もなくなり離れて行ってしまったポケモンGOユーザーもいるのではないでしょうか?

そんなユーザーの皆さんに朗報です!
なんと公式から「外部マップツールで規制された利用者のアカウントの利用停止を解除する」といった報告がありました!

◆あなたのアカウントが復活しているかも!

この規制で外部マップツールを利用した以外では特に悪いことはしていないユーザーが路頭に迷うことになりましたが、今回のアカウント規制解除によって育てたポケモンやトレーナー情報が復活しました。

アプリをアンインストールしてしまった方は下記よりインストールどうぞ

iPhone【iOS版】:http://itunes.apple.com/jp/app/pokemon-go/id1094591345?mt=8
GooglePlay【Android版】:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.nianticlabs.pokemongo

 

▼その他アカウント復活の方法はこちらより記載があります
【ポケモンGO】アカウントBAN!削除や規制にあっても完全復活する方法!!

◆公式からの全文より意訳

弊社のシステムの変更により、これらのアカウントの利用停止を解除できるようになりました。
しかし、利用規約に反する、弊社サーバーからデータを不正取得する第三者のマップツールに関連したアカウントは引き続き停止対象となり、これらの停止措置解除は行いません。
アプリを利用して遠隔からポケモンを捕まえること、ポケモンバトル、ジムを自分のチームのものにすること、ポケストップから道具を入手すなどの行為を行ったアカウントも停止措置解除は行いません。
全てのプレーヤーに公平で楽しく、不正のないゲーム体験を提供することが私たちにとって何よりも重要です。

公式内容から一部引用:http://pokemongo.nianticlabs.com/ja/post/update-082916/

 

つまり「外部のマップツール」はナイアンテックのサーバーに直接参照する方式をとっており、これを利用するたびにサーバーに負荷をかけDDoS攻撃と似たような状況となっているそうです。
その理由から、特に不正行為をしていなくても「ポケウェア」「P-GO SEARCH」などの外部のマップツールを利用していたユーザーのアカウントを停止せざるを得なくなっていたそうです。

そして今回、ナイアンテック側のシステム変更が行われたことによりそれらのアカウントの停止を解除できるようになったそうです。

◆DDoS攻撃とは

ここであげるDDoS攻撃とは下記のような意味を表してます。

DDoS攻撃とは、複数のネットワークに分散する大量のコンピュータが一斉に特定のネットワークやコンピュータへ接続要求を送出し、通信容量をあふれさせて機能を停止させてしまう攻撃。
引用:http://e-words.jp/w/DDoS%E6%94%BB%E6%92%83.html

つまり、DDoS攻撃でサーバーに負荷をかけることで、ポケモンGOのログインサーバにエラーが起こり接続されにくくなったり、円滑にゲームがプレイできない状況に陥ってしまうのです。

リリース当時、なかなかログイン出来なかった理由にこれがあげられていましたね。

◆今後も不正ユーザーは停止対象です

今回の解除はあくまで「何の告知もなく停止に追い込み混乱を招いたため解除をした」となっているので「マップツールを使っていいわけではない」ということに注意してください。

そして今後、同じ理由で停止されたユーザーアカウントに関しては停止措置解除を行わないと明言しています。

さらに外部アプリを利用し“位置情報の偽装”など自分の位置から遠隔操作を行いポケモンを捕まえること、ポケモンバトルすること、ジムを奪うこと、ポケストップから道具を手に入れることなどの行為を行った者の停止解除は行いません。とのこと

ですので「規制解除されたからポケウェアつかうぞ~w」なんて調子乗って使うと今度は二度と復活することはなくなるのでみなさん十分にご注意ください。

◆まとめ

つまり今回の発表を箇条書きにまとめると

・告知なく外部マップツールを使ったユーザーを規制したけど解除したよ。
・外部マップツールはサーバーに攻撃してることと同じだからやめてね。
・今後外部マップツール使った人はアカウント停止処置を行うよ。解除もしないよ。

といった内容です。

結果、不正は許さないよ。すべてのプレイヤーに公平性を保ってもらいながらゲームをプレイしてほしいというナイアンテックの意思がこもったジョン・ハンケ氏の言葉だったのです。


-ニュース, 関連情報