ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

攻略情報 関連情報

ポケモンGO出現場所ツール・アプリ解説!メリット&デメリット【攻略】

ポケモンGO出現場所の調査ツール・アプリまとめ!メリット&デメリット

ポケモンGOで様々なツールがありますが、その中でも利用者の多いであろう“ポケモンの出現場所を表示するツール・アプリ”をそれぞれメリット、デメリットの評価を加え記事にまとめました。

現在使用可能、使用不可能は各アプリ名の説明詳細に書かせていただきますのでご覧ください。
総合評価はあくまで筆者の主観ですので参考程度までにとどめてください。

※11/18追記更新:Poke Where(ポケウェア)の情報を更新。

 

◆FastPokeMap(ファストポケマップ) 

FastPokeMap(ファストポケマップ)画面

【Web版】http://fastpokemap.com/

●総合評価

★★★★

名前のFastにあるように、ポケモンの表示は早いと思いきや、表示スピードはそんなに早くないといった感じです。
最初のページを開くとロサンゼルスから始まるのでご注意ください。

・使い方は下記の記事をご覧ください!

FastPokeMap(ファストポケマップ)の使い方・調査ツール解説【攻略】

・FastPokeMapの最新状況については下記の記事で随時情報がわかり次第更新していますので下記記事をご覧ください!

FastPokeMap復活!FPM運営から速報あり!

●メリット

・GPS対応、近くのポケモンがすぐにわかる
・半径40mにいる「隠れているポケモン」が表示される
・ポケモンドット絵アイコンで見やすい

●デメリット

・ポケモンの表示に若干時間がかかる
・最初のピンが日本を指していないので立ち上がりに時間がかかる

◆PGO MAP(ピーゴーマップ)

PGO MAP(ピーゴーマップ)画面

http://pokemon-go-map.tokyo/

●総合評価

★★★★

都心しか使えませんが、比較的サクサク表示ができる評価のあるアプリです

※10/8 現在サイトが見れない状況です。復活次第状況を報告致します。

●メリット

・自動読み込みで比較的はやい
・ポケモンのイラストアイコンで見やすい
・都心ではサクサク使える

●デメリット

・日本都内のみが対応しているためその他は見れない
・都内でも映らないときがある

◆P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)

P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)画面

https://pmap.kuku.lu/

●総合評価

★★★★★

このアプリは有名ですね。大いなる力でAndroid版が終了した記憶もまだ鮮明です。

P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)の最新情報はコチラ▼

P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)が復活!!

使い方解説はコチラ▼

 

「P-GO SEARCH WEB」ごほうび機能“ピゴポ”の使い方まとめ

●メリット

・Googleマップと連携
・ポケモンまでの距離と到着までの時間がわかる
・ポケモンの消滅時間がリアルタイムでわかる
・探したいポケモンをフィルタリング(絞り込み)することができる。
・iOSの場合はアプリも対応

●デメリット

・人気の為サーバーが混む
・SKIPLAGGEDなどのポケモン文字が出現するときがある。

・アイコンと名前がオリジナルでなくなっている為、わかりにくい。対処方法▶P-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)のアイコンと名前を直す方法

 

◆Poke Where(ポケウェア)

Poke Where(ポケウェア)画面

【iPhone(iOS)版】ダウンロード

※広告なし有料版があります

※11/18追記:アプリが再び使えるようになりました。ダウンロード・使い方解説は以下記事よりご覧ください。

参考:PokeWhereの使い方・ダウンロード

●総合評価

★★★★

こちらのアプリも有名です。
P-GO SEARCHと並んで有名な物かと思います。

●メリット

・Googleマップと連携
・日本全国各地のポケモンの位置がまんべんなくわかる

●デメリット

・Android、ブラウザ版はない
・マップ拡大でフリーズする不具合がある
・通信の負荷が重いためWi-Fi環境推薦

◆Go Radar(ゴーレーダー) 更新!

Go Radar(ゴーリーダー)画面

【WEB版】https://map.goradar.io/
【iOS(iPhone)版】ダウンロード
【Android版】ダウンロード 現在なし

※10/9現在、生き残っているツールです。WEB版は地図との連携が機能していません

●総合評価

★★★

●メリット

・ポケモンの消滅時間がリアルタイムでわかる
・GPS対応、近くのポケモンがすぐにわかる
・アプリを閉じても連絡がくるアラート機能がある
・ポケモンを絞り込みで探せる

●デメリット

・消滅時間にラグがある
・うまく表示されないことがある

◆Poke Live MAP(ポケライブマップ)

Poke Live MAP(ポケライブマップ)画面

※現在使用不可。ページがなくなっています。

●総合評価

●メリット

・ポケモンの数が一覧で確認可能
・出現ポケモンまでの道のりをGoogleMAPと連携できる
・ルアーモジュールの効果範囲が表示される
・ジムと占拠してる所属チームのカラー確認ができる

●デメリット

・マップ上部に広告が出て邪魔

◆Poke Vision(ポケビジョン)

Poke Vision(ポケビジョン)画面

https://pokevision.com/
※現在サーバー問題で使用不可

●総合評価

★★

●メリット

・見たいポケモンの種類を絞り込める
・日本だけじゃなく世界中のポケモンの居場所がわかる

●デメリット

・検索に日本語対応してない(Tokyoなど主要都市を検索してから探すのがおすすめ)
・海外のマップからスタートで使いにくい

 

◆ポケタン

ポケタン

【iOS版】ダウンロード

【Android版】ダウンロード
※Android版はAPKファイルを直接ダウンロードします。ご利用は自己責任でお願いします。

●総合評価

★★★★

11/11:11/23まで行われている東北のラプラス出現率UPイベントに対応して、「お知らせ」の枠に下記のアナウンスがされています。

11/11 宮城県石巻駅周辺のマップを追加しました

現在ポケモンを表示しているエリア(11/11)

お台場
天保山
上野公園(不忍池)
渋谷駅周辺
代々木公園
常滑駅
江ノ島
ATC
千葉ポートタワー
ジャズドリーム長島
りんくう公園
ポートアイランド
ディズニーリゾート
福岡タワー
上大岡駅
大阪・梅田
扇町公園
弁天島
高松駅
錦糸公園
元浜公園
皆生温泉
井の頭公園
名古屋駅
名古屋城
マリーナシティ
かんたん港園
新宿中央公園
鶴舞公園
岐阜公園
ポートメッセ名古屋
円山公園(京都)
日比谷公園
稲永公園
千波湖
マリンピア沖洲
三保の松原
鹿児島中央駅
大宮公園
大宮第二公園
三橋公園
松江城
みなとみらい
皇居
駒沢オリンピック公園
泉大津駅
世田谷公園
白川公園

ポケタンの詳しい使い方はコチラ▼

【ポケモンGO】出現場所アプリ「ポケタン」の使い方・ツール解説【攻略】

●メリット

・読み込みが早い
・地域の名称から探せるので瞬時に見ることができる
・ポケソースなど、表示を細かく分けられる

●デメリット

・ポケモンアイコンが少しちいさいためわかりにくい
・アプリが安定していない
・広告表示がある

◆pokemesh(ポケメッシュ)

ダウンロードページ

https://www.pokemesh.com/

●総合評価

★★★

●メリット

・読み込みが早い
・ポケモンの個体値、技を捕まえる前から確認できる
・モジュールを使っているポケストップがわかる

●デメリット

・説明などすべてが英語
・広告が多い
・現在Android版のみ

◆GO SPOT(ゴースポット)カントー版

GO SPOT(ゴースポット)カントー版

 

https://gospot.org/

※10/8:現在ポケモンが表示されにくい状況になっています。

●総合評価

★★★

●メリット

・読み込みが比較的早い
・ポケモンの表示がシンプルでわかりやすい
・スポットごとのリンクがある

●デメリット

・ポケモンアイコンが少し小さい
・関東都心のみしか表示されない
・現在ブラウザ版のみ

◆Pokecrew(ポケクルー) 

アプリ画面

【Web版】https://www.pokecrew.com/
【iOS(iPhone)版】ダウンロード
【Android版】ダウンロード ※名称が「GO Utilities」となっている

※10/10現在、コイルアップデートの中でも比較的機能しているツールです。

参考:ポケモンGOで出現位置の情報を共有する「Pokecrew」使い方を解説

●総合評価

★★★

●メリット

・全てのアプリに対応している
・ポケモンがアイコン表示される
・表示が早い

●デメリット

・表示がすべて英語
・都心以外は更新がまちまち
・リアルタイムより少し遅い

◆ポケマップ 

https://pokemonmap.jp/

※サイトを開きページの一番下にマップがあります。

●総合評価

★★

●メリット

・読み込みが早い
・ユーザーの実際の出現報告
・都心に多い

●デメリット

・フィルタリングできずポケモンアイコンが重なって見ずらい
・情報の正確性に難あり
・マップが小さい

 

◆PokeExplorer(ポケエクスプローラー) 

PokeExplorer(ポケエクスプローラー)ダウンロード画面

【iPhone版(iOS)】ダウンロード

※Web版、Android版は現在ありません。

●総合評価

★★★★

●メリット

・読み込みが早い
・アイコンが原作ドット絵で見やすい
・出現地まで経路を示してくれる

●デメリット

・ポケモンの名前が英語名
・出現場所が表示されないことがある。
・場所の検索ができない

 

◆PokeAlert(ポケアラート)

【Android版】ダウンロード
(GooglePlayではなくGitHubからダウンロードします。)

【iPhone(iOS)版】-

※Web版、iPhone版(iOS)は現在ありません。
※ダウンロード、インストールは自己責任でお願いします。

●総合評価

★★★

●メリット

・アイコンが見やすい
・検索範囲をロックできる
・マルチウィンドウ対応

●デメリット

・ポケモンの名前が英語名
・現状検索が重たい
・ポケモンGOでログインするアカウント情報を入力する手間がある

◆PidgeyFinder(ピジーファインダー) NEW!

pidgeyfinder

【Web版】 https://pidgeyfinder.com/
【Android版】-
【iPhone(iOS)版】ダウンロード(iTunesストア)

●総合評価

評価無し

※PidgeyFinder(ピジーファインダー)は以前稼働していたツールで現在は停止中ですが、公式ツイッターや海外フォーラムにて復活に近づいている主旨のコメントを出しており、今世界中で再稼働が期待されているツールです。

"Our cache is back up. We ran into a issue deploying the scanner last night. I'll work on it now. No Eta."

"キャッシュはバックアップされる。我々は昨晩スキャナー展開の問題に遭遇した。今はそれに取り組むよ"(11/14、公式ツイッターにて)

"PidgeyFinder just got the API working (a successful ping) expect it to be back soon "

"PidgeyFinderはAPIが動いた所だよ(pingの成功)、もうすぐ戻ってくるのを期待してくれ"(11/8、海外フォーラムにて)

"We are working on a fix for the new restrictions, no eta"

"新しい制限への対策を進めている所だよ!"(11/5、公式ツイッターにて)

現在はサービス停止中ですので総合評価等は後日とさせて頂きます。復活したタイミングで詳細解説ページも併せて公開しますのでお楽しみに!

●メリット

-

●デメリット

・英語表記

◆Pokémap(ポケマップ) 

Pokémap(ポケマップ)

【Android版】ダウンロード

 

※Web版、iPhone版(iOS)は現在ありません。
※ダウンロード、ご利用は自己責任でお願いします。

●総合評価

★★★★

日本語のポケマップではなく、英語で「Pokémap」です。

●メリット

・アカウントを利用しない
・ポケモンの名前が日本語でうつる
・自分の地域の周りをサーチしてくれる

●デメリット

・画像認証がめんどくさい
・サーチに時間が掛かる
・場所の検索ウィンドウがない


-攻略情報, 関連情報