ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

攻略情報 関連情報

FastPokeMap(ファストポケマップ)の使い方・調査ツール解説【攻略】

2016/11/05

【ポケモンGO】FastPokeMap(ファストポケマップ)の使い方・調査ツール解説

ポケモンGOでポケモンの居場所がわかる調査ツールFastPokeMap(ファストポケマップ)の使い方についてご紹介します。

FastPokeMap(ファストポケマップ)は海外のツールなので基本英語です。なのでもちろん、マップの始まりは海外の土地から始まり、そしてポケモンたちの名前も英語で表記されます。

※11/5追記:FPMが現在使えるようになっています。各主要都市へのリンクを追加しました。

FastPokeMapの最新状況については当記事ではなく「FastPokeMap復活!FPM運営から速報あり!」の記事で随時情報がわかり次第更新していますのでそちらを御覧ください。

当記事はFastPokeMap(ファストポケマップ)の使い方についてご紹介しています。

◆FastPokeMap(ファストポケマップ)の使い方

FastPokeMap(ファストポケマップ)画面

【ブラウザ版】http://fastpokemap.com/


ファストポケマップは上記よりアクセスできます。
上記のリンクでは東京都庁へカーソルを合わせています。

その他主要都市へのリンクはコチラ

最初のポップアップ

最初にこのようなポップアップが出るので「×」を押して閉じましょう。
そうするとマップにさっそくポケモンが現れるので、画面を操作しましょう。

下記は画面に表示されているボタンの説明です。

●ズームイン・ズームアウトボタン

左上のズームイン・ズームアウトのボタン

画面左上にあります。
「+(プラス)」でマップの拡大、「-(マイナス)」でマップの縮小を行います。

●インフォボタン

左下のボタン

画面左下にあります。
最初に出た募金を募るポップアップが出てきます。
なので意味はないです。

●サーチボタン

真ん中下部のボタン

画面中央下部にあります。
探したいマップの周辺をクリックしてピンをたててからこのボタンを押しましょう
ポケモンが表示されないときにもこれを押しましょう。
一度押すと再度使えるまで数十秒待ちます。

●その他各種ボタン

右下のボタン

上から
・ポケモンフィルター機能
・マップサーチ機能
・現在地まで飛ぶ機能
という内容です。

 

◆日本のマップへ移動しよう

当サイトのリンクから飛べば東京都庁から始まりますが、
大阪に住んでいる方や北海道に住んでいる方などはいちいちマップをマウスで移動させるのは面倒ですよね!
そんな時はマップサーチ機能を使いましょう。

●マップサーチ機能

サーチ画面

マップサーチ機能のボタンを押したら検索窓が出ますので、都市名をローマ字入力して検索すればその場所へマップが移動します。
東京の場合は「Tokyo」、大阪の場合は「Osaka」と明記しましょう。
あまりニッチな都市ですと移動できない可能性もありますのでご了承ください。

 

◆探したいポケモンでフィルターをかけよう

ポケモンのフィルターチェック

ポケモンフィルター機能でポケモンの種類を絞って探しましょう。

「HIDE ALL」は全チェックをはずす、「SHOW ALL」は全チェックをすることを指します。
チェックしたポケモンはマップに表示されます。

枠が赤の場合が「未チェック」緑の場合が「チェック済み」になります。

 

●ポケモンは英語名なので注意!

ポケモンの名前は基本英語名になっています。
「ピカチュウ」は「Pikachu」になっていてわかりやすいですが、
「Pinisir」とか「Zapdos」とかよくわかりませんよね(笑)

そんな時は下記英語名表をご覧ください。
参考:【ポケモンGO】ポケモンの英語名一覧!攻略情報の検索に役立てよう!

 

◆ポケモンの見方

ポケモンの居場所

ポケモンはアイコンで表示されるので非常に見やすいです。
ポケモンの下に表示される秒数は消えるまでの時間です。
クリックしても何も起こらないシンプルな内容です。

上記のようにポッポとコラッタが重なって見えない場合、マップを拡大するか、それでも見れないときは不要なフィルターを外してみてください。

 

◆iOSアプリ版の使い方

設定画面
△見やすくするため縦幅を縮め、背景を海にしています

iOSアプリ版はWeb版と少し勝手が違います。各種ボタンから説明します。

・フィルタリング

歯車マークを押すとマップ上に表示するポケモンのフィルタリング(表示選別)が行えます。順を追って記載します。

・ポケモンの情報を確認

ポケモン情報

ポケモンの属性や能力値がかわいらしいアイコンで確認することができます。

・現在位置までジャンプ

現在位置までマップのジャンプを行います。

・各種設定ボタン

こちらは基本使いません。

●表示したいポケモンをフィルタリング

設定画面

歯車マークのフィルタリングボタンを押すと上記のような画面になります。

「Show Me」は表示したいポケモン、「Don't Show Me」は表示したくないポケモンを選択します。

ポケモンリスト

各種設定項目から希望するポケモンだけをチェックし、「BACK」で戻ります。「Clear」ですべてのチェックを外します。

※表示したいポケモンとしたくないポケモンの項目を分ける意味がよくわかりませんがお好きな設定でフィルタをかけてください。

【主要都市へのFastPokeMapリンク】

日本国内の主要都市へのリンクを記載しました。
リンクをクリックすることで、瞬時にファストポケマップのマップで任意の場所に移動することができます。

◆まとめ

いかがでしたか?
ファストポケマップは英語表記ですが、表示速度も速く信頼度も高いので、
ぜひほかのトレーナーさんにも利用してほしいと思います。


-攻略情報, 関連情報