ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

ニュース

ポケモンGOのお台場迷惑集団に警視庁が運営会社と協議

ポケモンGOのお台場迷惑集団に警視庁が運営会社と協議

東京都港区にあるお台場で起きた迷惑集団問題、スマホ向けゲーム「ポケモンGO」にてレアポケモンの「ラプラス」が出現。それにより一部のプレイヤーが道路を占拠するなど迷惑集団化、警視庁がそれを問題視し運営会社のナイアンティックへ協議を行った。

 

◆お台場での迷惑集団に運営会社も困惑

お台場の迷惑集団はいずれも道路の一車線を埋め尽くしながら横断したり、赤信号を無視し車道に飛び出すなどし、レインボーブリッジにつながる道路周辺が重体になる事態になった。

参考:【ポケモンGO】お台場にラプラスが出現!レアポケモンを求め迷惑集団化!

 

◆警察官の誘導後も1時間以上混乱が続く

東京湾岸署によると18日午後3時40分ごろ、港区台場1の交差点周辺に数百人が集まった。一度は赤信号を無視して車道に出るなどし、警察官が誘導後も混乱は1時間以上続いたという。

●原因はレアポケモン「ラプラス」の出現

この原因はレアポケモン「ラプラス」の出現が原因という。

 

◆ゲーム運営会社の担当者と協議

同署(東京湾岸署)は20日にゲーム運営会社の担当者を呼び、混乱を抑えるための対策や利用者への啓発方法などについて協議した。

同署は「事故につながりかねず危険なので交通ルールを守って安全に楽しんでほしい」と呼びかけています。


-ニュース