ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

ニュース

ポケモンGO禁止後も不忍池弁天堂境内でプレイを続ける悪質プレイヤー達

ポケモンGO禁止後も不忍池弁天堂境内でプレイを続ける悪質プレイヤー達

先日、東京都台東区上野「上野恩賜公園」の「不忍池」弁天堂境内でポケモンGOが禁止になりましたが、禁止後もポケモンGOをしている悪質なプレイヤーが多くいるようです。

【関連記事:ポケモンGO「ミニリュウの巣」不忍池がスマホ禁止に。ポケモンの巣を巡れなくなる事態に

禁止後も不忍池弁天堂でポケモンGOをプレイする人達が…


・不忍池弁天堂にケンカを売る行為
2016年9月19日に取材をしたところ、禁止後も多くの悪質プレイヤーが境内地で「ポケモンGO」を遊び続けていた。そんな悪質ポケモンGOプレイヤーが多数いることが判明して物議をかもしていたが、悪質ポケモンGOプレイヤーが逆ギレしたのか、不忍池弁天堂にケンカを売る行為をしている事が、2016年9月22日に行った追加取材により判明したのだ。

・禁止の警告文読みながらポケモンGOプレイ
なんと、ポケモンGO禁止の警告文の看板を読みながらポケモンGOをプレイするという、挑発ともいえる行為をしている人たちが複数いたのである。ほかにも堂々と不忍池弁天堂でポケモンGOをプレイする人や、歩きながら境内地でポケモンGOをプレイする人を多数見かけた。警告文を読んだあと、ポケモンGOをやめるのかと思えばそうではなく、ほとんどの人がプレイを継続していた。

・ほとんどがオッサンとオバサン
不忍池弁天堂にいる人の多くがポケモンGOで遊んでいた。おそらく、境内地にいた人の1/3ほどがポケモンGOプレイヤーではないだろうか。警告文が書かれた複数の看板があるにもかかわらず、完全に無視。悪質ポケモンGOプレイヤーの大半が20~50代ほどの大人で、チビッ子や10代の姿はあまり目にしなかった。

・注意されても日本語がわからないフリ
あまりにもひどすぎるので、記者に同行した仲間がポケモンGOで遊ぶ人たちに「ここはポケモンGO禁止の場所である」「コイキングは捕まえても弱いよ」という事を伝えたものの、多くの人たちが無言、無視、または日本語がわからないフリをされた。ポケモンGO禁止を知らなかった人や、謝って素直にやめた人もいたが、とにかく酷い有様だ。

詳しくはコチラを御覧ください▼
引用元:バズプラスニュース 


 

ちゃんとルールを守って境内外でポケモンGOをしている人たちも当然いるなかで一部の悪質なプレイヤーのせいでポケモンGO自体への風当たりがキツくなるのはもちろん、より厳しいルールに変わる可能性もあります。

筆者もポケモンGOを楽しんでいる一人として、レアポケモンの出現率が高いとか、ポケモンの巣化している狩場で遊びたい気持ちはわかりますが、ルールやマナーを守るのが大前提である事は本来わざわざ口に出すまでもない当たり前の事です。

しかもルールを無視している悪質プレイヤーの大半が20~50代の大人とは…恥ずかしくないのでしょうか?まさに「恥を知りなさい」ですね。


-ニュース