ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

関連情報

【ポケモンGO】サーチツールの代わりにGoogleマップで見つける方法

【ポケモンGO】サーチツールの代わりにGoogleマップで見つける方法

ポケモンGOでP-GO SEARCH(ピーゴーサーチ)などのサーチツールが使えない状況で「かくれているポケモン」をGoogleマップを使って確実に探し出す方法をまとめました。

数学の知識「弦の垂直二等分線は円の中心を通る」法則を利用します。

 

◆Googleマップで利用する「弦の垂直二等分線は円の中心を通る」法則とは

「弦の垂直二等分線は円の中心を通る」法則は中学校ぐらいまでに習うとのことですが、筆者は全く覚えていません(笑)
たぶんそんな方も多いのではないでしょうか?

ポケモンGOを例に、わかりやすく図解しましたので参考までにご覧ください。

●法則解説

法則の説明

①【地点A】ポケモンの影が消えるまで歩く

目当てのポケモンがマップ上に出てきた場合、まずポケモンの影が消えるまで歩きます。
消えた位置を「地点A」と仮定します。

②【地点B】地点Aから道なりに“まっすぐ”戻り、消えるまで歩く

地点Aから道なりに直線で歩きます。
またポケモンの影が消えた位置を「地点B」と仮定します。
この時、道が曲がっていても地図上ではできるだけまっ直ぐ進むようにしましょう。

③【ラインC】地点Aと地点Bの真ん中から90度直角に曲がって進む

地点Aと地点Bの真ん中の位置から直角に90度曲がってまっすぐ進みます。
このラインを「ラインC」と仮定し、そのまま進めば実際のポケモンの位置に遭遇します。

●【注意】円外の場合は引き返す

法則の注意点

ラインCを進んでもポケモンに遭遇せず、マップから消えることがあります!
理由は検知範囲の外へ進んでいるということになるからです。

この場合は真逆に進み、歩み続けましょう。必ず発見することができます。

●法則を使ってる間に見つけることも!

法則の手順、①~③へ進む前にポケモンに遭遇することもあるので、ぜひ試してみてください。

 

◆Googleマップで「かくれているポケモン」を見つけ出す方法

本題ですが、これをポケモンGOの地図上で細かく行うのは非常に大変です。
それをGoogleマップで簡単に行うことができる方法を紹介します。

①Googleマップを開き、地点Aをチェックする

グーグルマップを使った法則説明、A地点をチェック

Googleマップを開き、ポケモンの消えた位置を長押しタップで地点Aをチェックします
座標値が入り、ピンが立てば成功です。

②「距離を測定」をタップし、地点Aをマークする

グーグルマップを使った法則説明、A地点をマーク

「距離を測定」をタップし「地点を追加」の+(プラス)マークをタップすることで地点Aを開始点としてマークします。
画像のようになれば成功です。

③地点Bをマークする

グーグルマップを使った法則説明、B地点をマーク

法則に習い、次のポケモンの影が消えるまで進みます。
ポケモンの影が消えたら再度「地点を追加」の+(プラス)マークをタップして地点Bをマークします。

④ラインCを引いて、その付近を捜索する。

グーグルマップを使った法則説明、A地点とB地点の間をマーク

上部の「距離を測定」タイトル部分と平行になるよう線を合わせ、地点Aと地点Bの中間地点に「地点を追加」の+(プラス)マークをタップ。

グーグルマップを使った法則説明、ラインCをひく

そこから下にラインをまっすぐ引いたらラインCの完成です。このライン上にポケモンがいる法則になります。

⑤逆側の場合もあるので忘れずに!

グーグルマップを使った法則説明、注意点

ポケモンが出現する位置は逆側の場合もあるので、出てこない場合はあきらめずに逆側を歩きましょう。

 

◆法則でかかる距離

この法則を使ってかかる距離は最大約200メートル前後と予想されます。

「隠れているポケモン」の検知範囲は約100メートルなので、最短で見つけられれば100メートル以内で見つけることが可能です。

 


-関連情報