ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGOの攻略情報・ポケモンの巣・出現場所・公式アップデートなど最新情報を毎日更新中!

関連情報

【ポケモンGO】移動の速度と制限&ポケモンGOプラス修正

【ポケモンGO】移動の速度と制限&ポケモンGOプラス修正

ポケモンGOは移動速度の制限が設けられている。

車や電車に乗っているときの速度では「移動速度が速いためプレイを制限しています」という警告文が出現、「私は運転者ではありません」を押すまで距離カウントが制限されます。

速度制限の対策を解説します。

 

◆ポケモンGOの移動に対する速度と制限

警告文

ポケモンGOの速度はなぜ制限をかけられるのか、その理由はこのポケモンGOというゲームの基礎が根底にあります。

基本徒歩で各所のポケストップやジムなどの場所をめぐることで新たなポケモンを捕まえることが目的としており「歩きスマホ」や「ながらスマホ」などは公式からも推薦されていません。

なので徒歩の速度を超えるスピードでマップ移動をすると、一度「移動速度が速いためプレイを制限しています」という警告文が出て、ユーザーに注意を促すのです。

 

◆車や電車の移動で距離は稼げないのか

動く速度(スピード)によっては歩いてる距離を稼げたりそうでなかったりします。
主に時速10キロを超えると警告文が出現し、カウントをされなくなるとのことですが、回避方法はあります。

●「私は運転者ではありません」を定期的におす

要は警告文が出ても「私は運転者ではありません」を押せば回避が十分に可能ということです。

しかしながら、本来運転手だったり、実際に乗り物に乗っていてその警告文が出る場合は素直に立ち止まったときにプレイするようにしましょう。

何度も警告を無視し続けるとアカウント削除などのペナルティを課せられる可能性があります。

参考:【ポケモンGO】ポケモンGOでアカウントBANになる理由まとめ

●ポケモンGOプラスを利用してカウントする

ポケモンGOプラスには距離感知機能が備わっており、時速10キロ以上出しても速度の規制もなく距離のカウントがされる仕様になっています。

ただし1時間ごとにBluetoothの接続が切れる仕様なので、再接続する必要があるデメリットがあります。

 

◆サイレント修正でポケモンGOプラスにも速度制限

ポケモンGOプラス

※今回新しいアップデートでサイレント修正がありました!

今回のアップデートで車、電車移動はほぼNGになるかと思われます。

以前まで、車や電車などの乗り物に乗りながらでも「ポケモンGOプラス」なら速度違反のペナルティにならず、距離をカウントしていました。

そこで新たに速度ペナルティが設けられ、時速40km以上はポケモンが出現しない仕様に変更されています。

アップデートで公式からこの修正に対してはっきりとした声明は出されていません。
しかしながら海外のリークサイトでは今回のサイレント修正について、ほぼ確実なものだと述べています。

参考:海外記事サイト

●今現状わかっている状態を一覧表にしました

時速速度目安ポケモンの出現歩行距離カウントその他ペナルティ
3km~5km人が歩くなし
6km~9km早歩きなし
10km~走る×△(ポケモンGOプラスでは〇)警告文がでる
20km~自転車 / マラソン×△(ポケモンGOプラスでは〇)警告文が出る
30km~原動機付自転車×△(ポケモンGOプラスでは△)警告文が出る
60km~自動車×ほぼ×(ポケモンGOプラスでは△)警告文が出る
ソフトBANの可能性がある
100km~電車 / 高速道路××警告文が出る
ソフトBAN、もしくはアカウント削除の可能性がある

※歩行距離カウント:△はカウントされるが、実際よりも少なく正しい距離がカウントされません。

 

◆自転車を利用しての速度

上記の表を確認すると、ポケモンGOをプレイしていてポケモンを捕まえるという目的を除けば、タマゴの孵化やポケストップ巡りには自転車が一番最適という答えが見えてきます。

ただし、確実なものといえないので実際にアカウントBANなどのペナルティが怖い場合は歩行でのプレイをお勧めします。

 

◆速度制限のサイレント修正について

今回、ポケモンGOにて行われたサイレント修正が主に移動の速度を制限するものだということはわかりましたが、これについては多くのユーザーが困惑の意見を出しています。

そもそも、ポケモンGOプラスは歩きながらも画面をつけっぱなしにせずに距離をカウントできることと、ポケストップややせいのポケモンを捕まえたりをワンボタンでできるのが魅力でした。

ポケモンGOプラスを利用すれば、10km以上のスピードで歩いても効率よくゲームを進めることには変わりはありません。


-関連情報