ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース 関連情報

ポケモンGOと企業のコラボには、都会と田舎のポケストップ格差解消の可能性あり

ポケモンGOと企業のコラボ
社会現象となっているポケモンGOの集客力は、当然ながら企業も目を付けるところですよね。
そんなポケモンGOと企業のコラボ情報を2つ紹介します。

ポケモンGOと米国のスターバックスがコラボで更に5000店舗追加

現在、米国のスターバックスがポケモンGOとコラボ中で、7,800の店舗がポケストップやジムになっていますが、更に5,000店舗以上が追加されることが発表されました。

スターバックスとのコラボでは「ポケモンGOフラペチーノ」を飲むことができます。ポケモンGOフラペチーノは、バニラクリームフラペチーノにブラックベリーのラズベリーシロップをかけたもののようです。

このコラボの効果が高かった故の拡大でしょうか?いずれは世界中のスターバックスで展開されるかもしれませんね。

欧州各地のショッピングモールでポケストップ配置へ

EU地図

海外ポケモンGO情報サイト「GOHUB」で、ナイアンティック社とユニボール・ロダムコ社が共同でヨーロッパの58のショッピングモールにジムとポケストップを設置することで合意という記事がアップされています。

Niantic announces 1000+ new PokeStops in various European shopping malls!

ユニボール・ロダムコ(Unibail-Rodamco)はヨーロッパ14カ国にショッピングセンターや不動産を保有するフランス・パリにある不動産会社大手です。

上記の画像によれば、フランス、オランダ、ドイツ、スペイン、スイス、オーストリア、スロバキア、ポーランド、デンマーク、スウェーデン、フィンランドの計11カ国のロダムコ社所有のショッピングモールに、ジムとポケストップを配置するようです。

日本で言えば、イオンモールとコラボするようなものと考えればいいでしょうか。

コラボで都会と田舎のポケストップ格差が解消されれば

こうした企業コラボで有り難いことは、都会以外の地域でも、ポケストップやジムにできる場所が増えることですよね。

ポケモンGOではポケストップにできるスポットが多い都会と田舎では、プレイ環境に圧倒的な格差があります。

私も一人暮らしの家だと、近所のポケストップには家にいながらたどり着けますし、近所を1km歩けば5か6のポケストップに当たりますが、実家に帰ると閑散ぷりに愕然としてしまいます。

日本の場合、スターバックスだと1,000店舗ほどなので、それよりもセブンイレブンやファミリーマートのような各地域に一つはあるようなコンビニがポケモンGOとコラボしてくれたら、田舎でも遊びやすくなりますよね。

-ニュース, 関連情報