ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース 関連情報

ポケモンGOアプリのPokeAlertが閉鎖を発表。メタモン捕獲で好評のツール

ポケアラート閉鎖へ
ポケモンGOアプリのPokeAlertがtwitterで閉鎖を発表しました。

記事参照元:The End

以下は意訳になります。

2017年1月24日、PokeAlertは株式会社ポケモンから停止の通告書を受け取りました。

この停止についての緊急な通知には、PokeAlertが現在遵守している株式会社ポケモンの著作権で保護された画像を削除する要求が含まれており、残念ながらPokeAlertを継続するには困難でした。

よって本日、PokeAlertを停止しなければならないことをお知らせなければならないのが残念です。

ポケモン探しのためにPokeAlertを選んでくれた皆さん、ありがとうございました。ポケモンGOを楽しんでほしいと願っています。

PokeAlertは以前当サイトでも紹介したことがあります。

PokeAlertはandroid専用の、ポケモン出現情報を表示して確認できるリアルタイムマップツールで、設定によってメタモンをサーチすることも可能。
国内外でこれのおかげでメタモンをすぐ捕獲できたという報告が多数上がっていた話題のポケモンGOアプリでした。

ただし、使用にはポケモンGOと連動させるためポケモンGOのアカウントが必要で、間違って本アカウントを使用してしまうと、ポケモンGOからBANされる可能性があるデメリットもありました。

不正アクセス対策の結果、ポケモンGOツールが閉鎖した例も

ポケビジョン
PokeAlertに対しては使用していた画像に対して株式会社ポケモンによるクレームが原因ですが、開発元のナイアンティック社も過去にポケモンGOツールに対して停止の要求したり、不正アクセス対策の結果、閉鎖となったツールも過去にはあります。

なお、この措置によりサーバへの負荷が3分の1程度に減少し、不正アクセス対策に追われていた開発者を別エリアへの配信拡大に回すことができたとしています。

ツールで使用している画像が著作権を侵害するものであれば、権利者は当然守る権利があり、ユーザーも法律には従うべきところです。

イタチごっこか、根本的対策か

とはいえ、ツールが停止される度にユーザーから反対の声も上がるなど、ポケモン探しのツールが便利なのは事実です。

すでに醸成されてしまっているユーザーの需要があるところに、開発側が「NO」を言い続けてツールを禁止させたとしても、別のものが供給されてイタチごっこになるのは考えられることです。

ユーザーと開発がwin-winになれる根本的な対策が必要だと感じます。

-ニュース, 関連情報