ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

攻略情報

【ポケモンGO】厳しいランクアップ条件を越えて、メダルを夢の「ゴールド」に

ゴールドメダルゲットの道
ポケモンGOをプレイしているポケモントレーナーの方々はもちろん知っているかと思いますが、このゲームでやり込むのはポケモン集めとジムバトルだけではありません。

「メダルのランクアップ」というのも、やり込み要素となっています。

ポケモンGOには28種類の実績メダルがあり、それぞれが特定の条件をクリアすることで入手できます。

そして、それらは「ブロンズ」「シルバー」「ゴールド」とランクを持ち、特定条件をクリアしていくことで、ランクを上げられます。

メダルのランクを上げるとポケモンが捕まえやすく

じゅくがえりまた、各メダルをランクアップさせることでメダルに対応したポケモンを捕まえやすくなるため、積極的にランクアップを狙っていくべきでしょう。

例えば、「じゅくがえり」というメダルがありますが、これはノーマルタイプのポケモンを捕まえた回数によってランクアップしていきます。

前述したとおり、メダルのランクを上げることで、ノーマルタイプのポケモンが捕まえやすくなるのです。

メダルの詳しい説明に関しては別記事を参考にしてみてください。

ランクアップ条件がかなり難しいもの

さて、今紹介した「じゅくがえり」というメダルであれば、まだ比較的ランクアップさせやすい部類のメダルといえます。

ですが、中にはランクアップ条件がかなり難しいものもあります。

ゴールドにまでランクアップさせるためには相当な努力と労力が必要になりますが、やり込み要素としては充分なものとなっており、より一層トレーナー魂に火がつくことでしょう。

以下に紹介するメダルが特に高難度なランクアップ条件を必要としているものになるので、参考にしながらぜひ挑戦してみてください。(紹介しているランクアップ条件はすべてゴールドにするために必要な条件となっています。)

①たんパンこぞう…小さいサイズのコラッタを300匹捕まえる

②つりびと…巨大なコイキングを300匹捕まえる

③てつどういん…はがねタイプのポケモンを200匹捕まえる

④ドラゴンつかい…ドラゴンタイプのポケモンを200匹捕まえる

⑤ジョギング…歩いた距離を1000km以上にする

難易度高い「てつどういん」と「ドラゴンつかい」

レアメダル
「たんパンこぞう」と「つりびと」は「~タイプのポケモン」といった括りでなく、特定のポケモンを対象としています。

さらに、条件のポケモンを捕まえたとしても、サイズの条件に合わなければ1匹としてカウントされないのでどうしても運任せになってしまいます。

「てつどういん」と「ドラゴンつかい」は、はがねタイプがコイル・レアコイル、ドラゴンタイプがミニリュウ・ハクリュー・カイリューとそれぞれ対象となるポケモンの種類が非常に少なくなっています。

ゴールドまで上げるには…

ジョギングまた、それぞれのポケモンの出現率自体も極めて低いので、根気のいる作業となるでしょう。

「ジョギング」は唯一歩くことによってランクアップするメダルです。

実際に1,000kmがどの程度かというと、東京-大阪間でおよそ500kmあることを考えると、
東京-大阪を徒歩で往復する以上の距離を歩くことになります。

これらのようなランクアップ条件が高難度となっているメダルを、ゴールドまで上げるとなるとポケモンGOをやり込みは必須。

ひとつずつこなすのではなく他のメダルのランクアップも視野に

ゴールドメダル収集
しかし、それぞれを見ていくと相当ハードルの高い条件が設定されていますが、ひとつずつ順にこなしていく必要はありません。

「ジョギング」のメダルをゴールドランクまで上げるために移動距離を稼いでいれば、その間にも小さいサイズのコラッタや巨大なサイズのコイキングに出会うことはあるでしょう。

1種類のメダルをランクアップさせている過程で、他のメダルがランクアップしていくこともあります。

他のメダルをランクアップさせる目的も合わせ持つ

今回紹介したものだけではなく、先に紹介したようにメダルは28種類ありますので、他のメダルをランクアップさせるという目的も合わせ持ってプレイしていけば、自然と全メダルゴールドランクへ近づくのではないでしょうか。

他のやり込み要素と比べてもかなり過酷な内容となっていますが、もしすべてのメダルをゴールドにすることができれば、このうえない達成感を得られることでしょう。

-攻略情報