ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

プレイ記事

ポケモンGOのタマゴの孵化距離はやっぱりプラレールで稼げる!(第3回)

2017/02/07

プラレール実験3

これまでのポケモンGOのタマゴの孵化距離稼ぎの実験は自宅のマンションで行っていましたが、今回は別の場所で行いました。
まだ自宅のマンションでしか走らせていないので、別の場所にしてどうなのかを試したかったからです。

今回の実験の場所は大阪市内の某ビルです。
まず「揺らぎ」が発生するか、プラレールを走らせずに30分間、ポケモンGOを起動させたまま放置してみました。

揺らぎ」とは、GPSの精度を原因として、ポケモンGOのプレイヤーとゲーム上のトレーナーの位置にずれが発生していて、トレーナーが位置修正のために勝手に走り出す現象を言います。

実験結果
+0.6km
全く何もせずにこれならプラレールも走らせれば相乗効果で距離稼ぎできるんじゃないかと期待が高まりました。

今回の実験で使用しているアイテムと環境は以下の通りです。

スマートフォンHTC J OneHTC J One
アプリバージョンandroid0.53.1
機関車HD300ハイブリッド機関車KF-02 HD300ハイブリッド機関車
貨車コンテナKF-06 19G形コンテナ
レールカーブレールR-03 曲線レール
バッテリー電池Panasonicアルカリ乾電池

今回のポケモンGO実験は驚愕の結果に

「揺らぎ」が発生した場所と同じ場所にレールを敷いてポケモンGOを積んだ車両を30分走らせてみました。
すると以下の結果になりました。

結果6
+0.1km
???
驚愕の結果です。
走行中のポケモンGOのメイン画面を見ていたのですが、トレーナーが走り出す回数が過去の実験時と比べて明らかに少なかったです。

同ビルの室内で場所を少し移動してプラレールを走らせてみました。

kekka7
+0.1km

芳しくない結果でした。

場所を変えて走らせた時、一度だけトレーナーは走り出すけれども、後はゆっくり歩いているか、その場で立ち止まっているかになります。

トレーナーが動かない

アップデートの「GPSの精度向上」の成果か?

可能性として、ポケモンGO・0.53.1へのアップデートで行われた「GPSの精度向上」により、同じ場所でポケモンGOをプレイし続けているとやがてGPSの位置情報が最適化されて、このような形で補正が効く仕組なのかとも考えられます。

関連記事:ポケモンGO公式にてアップデート発表。コード解析で進化アイテムや色違いポケモンの存在も確認!

※こちらの記事でGPSの精度向上や「揺らぎ」について言及しています。

今回はこの場所で走らせたポケモンGOの車両は大きく距離を稼ぐことはできませんでした。

自宅のマンションに持ち帰ってもう一度プラレール上を走らせてみなければならないのと、その結果によっては手法の見直しをしなければならないかもしれません。

次回の実験レポートは2/7にお送りします。

-プレイ記事