ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

発進の確認を怠ったのは『ポケモンGO』が原因?衝撃的なあの事故の判決は…

クレーン車運転中の死亡事故
1月17日京都地裁である裁判が行われました。

裁判の内容は大型クレーン車の運転中に『ポケモンGO』をプレイし死亡事故を起こした、被告への判決です。

裁判において事故を起こした被告の男性は執行猶予付きの判決を求めており、「ゲームをしていたのは赤信号の停止中であって、ゲームをプレイしていたことが事故の直接的な原因ではない。事故の原因は不注意だった」と主張し、ゲームと事故の関連性を否定しました。

この主張に対し、検察からは「停止中とはいえ『ポケモンGO』をプレイしていたことで、周囲への確認が疎かになったのではないか?」という指摘があり、裁判官からも「見たことのないモンスターが出てくると捕まえようとするわけですよね。そうすると気が散るんじゃないか」という質問もありました。

ポケモンGOに気は取られていなかった?

運転中のポケモンしかし、被告は「運転中は見ていない」「そこまでゲームに気は取られていなかった」と一貫して同じ主張を繰り返したようです。

判決結果は禁固1年6月、執行猶予5年でした。
検察の求刑が禁固1年6月でしたので被告の主張がある程度認められた判決と言えそうです。被告が反省の意を示していること、二度と運転をしないと誓ったことなどが要因です。

しかし、裁判官はその一方で事故の原因には『ポケモンGO』の影響もあったとも認めています。

この判決に対して被告は「控訴しない」意志を表明しています。

一定速度を超えた場合はゲーム中断へ

ポケモンGOスピード制限この事故に関わらず『ポケモンGO』が原因の事故は他にもあります。
このような事故の影響を受けて『ポケモンGO』では一定速度を超えた場合はゲームが中断されるように仕様変更が行われました。
これは自動車に関わらず、自転車でもある程度の速度が出ていればゲームが中断されます。

自動車や原付きの運転中にスマホを操作することは道路交通法により禁じられています。
操作の定義は「通話」と「画像や動画を注視」です。メールやLINEなどのやり取りも含まれるので注意しましょう。

歩きスマホも何らかの規制が…

歩きながらスマホ広告スマホの普及により歩きスマホも大きな問題となっています。
いずれ歩きスマホも何らかの規制ができてしまうかもしれません……。

『ポケモンGO』は特定の場所に多くの人が集まることから、騒音やゴミ、駐車マナーなど様々な問題が起こる懸念が今もあります。

私たち『ポケモンGO』ユーザーは事故を起こさない、事故に巻き込まれない、マナーを守るのを徹底し同じようなことが起こらないように気をつけましょう。

-ニュース