ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

車中でポケモンGOプレイしていた老人が射殺される。

お爺ちゃん射殺される
アメリカ・バージニア州のチェサピークという町で60歳の男性が、ポケモンGOをプレイ中にガードマンに撃たれて死亡しました。

1/26にチェサビークにあるクラブハウス近くでこの60歳の男性ジャンシェン・チェンさんがミニバンを停車させて車中でポケモンGOをプレイしていたところ、近付いてきたガードマンと口論に発展。
5~10発の弾丸がミニバンのフロントガラスの中に撃ち込まれ射殺されました。

ポケモンGOをプレイしていたことによる迷惑行為が原因ではない

ポケモンGOしながら運転日本でポケモンGOをプレイしながらの運転で交通事故といった報道に慣れていると、アメリカでもポケモンGOを引き金とした殺人事件という先入観が私は働いてしまいました。

しかし記事を読む限りでは被害者のチェンさんは普段ポケモンGOを子供や孫たちとコミュニケーションを取る手段として遊ぶお爺ちゃんで、ポケモンGOをプレイしながらの運転とか、違法駐車といった迷惑行為があったことは確認できません。

ポケモンGOをしながらの迷惑行為が引き金になった訳でもなく、事件の目撃者が「ガードマンはかなり取り乱しており、悪態をつき、車の周りを歩きまわるのが見えました」と証言しているようにガードマンの乱心のようです。

言葉の壁が原因か?

日本人留学生射殺事件この事件の被害者のチェンさんは名前からして中国系アメリカ人のようです。

私は1992年に起こった日本人留学生射殺事件を思い出しました。
アメリカに留学中の日本人学生が、パーティー会場と間違えて訪問してしまった家で、不法侵入と警戒した家の住人に「フリーズ(Freeze「動くな」の意)」と庭で呼び止められたけど聞き取れずに射殺された事件です。

上記の記事で、被害者側の弁護士は「チェンさんは英語を話さなかったが、言葉の壁はこの事件とは関係ないだろう」としていますが、かつての日本人留学生射殺事件当時、アジア系への人種偏見を指摘する声があったように、現在でもこうした差別感情をアメリカ社会が払拭したとは言えないです。

また、日本人からすると警察でもないただのガードマンが銃を所持しているのは異常だと思いますが、一般人が銃所持している銃社会が痛ましい事件の根本的要因なのは間違いありません。

ポケモンGOは事件の本質とは関係ない

銃社会この事件について、確かに被害者が射殺される直前までポケモンGOをプレイしていたので、ポケモンGOに注目してしまいますが、あくまで原因はガードマンによる乱心(もしかすると差別感情?)、そして銃社会なので、その本質を見誤らずに考えられるべき事件だと思います。

-ニュース