ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

韓国でもポケモンGOは大ブームに!その裏では警察沙汰の問題も…

韓国でもブーム
日本でポケモンGOが配信されてから約半年経ちました。

配信初日から大勢のユーザーがダウンロードしており、スマホを片手に街中を探索する人を毎日のように目にしていたのではないでしょうか。

もちろん今もポケモンGOをやり込んでいるアクティブユーザーはたくさんいますが、配信初期に比べるとだいぶ落ち着きを取り戻しているような気がします。

そんな中、韓国では2017年1月24日にポケモンGOが配信されており、日本より一足遅れて現在大ブームを巻き起こしています。

1週間で700万ダウンロードを突破しており、韓国で流行した「Ani Pang」というゲームが1ヶ月で500万ダウンロードだったことを考えれば異例の記録となっています。

「ポセゴン」とは一体?

韓国の駅韓国プレイヤーの間では「ポセゴン」という流行語まで誕生しています。

これは「ポケモン」に、鉄道駅の近辺という意味を持った「ヨッセゴン」を組み合わせた造語であり、ポケストップがたくさん集まっている場所を呼ぶ場合に使用されている単語です。

その他、韓国で大人気の有名芸能人も多数ポケモンGOをプレイしているなど、大きな社会現象となっています。

やはりポケモンGOによる問題も…

韓国交通事故ポケモンGOはこのように韓国でもたくさんのユーザーから愛されるゲームとなっていますが、やはり残念なことに問題も起こっています。

例えば、ポケモンGOの人気にあやかった類似ゲームも多数配信されたのですが、その中にはプレイをするためにGoogle IDやパスワードの記入を必要とするものもあります。

これにより個人情報が簡単に流出してしまう恐れがあるとして、テレビなどのメディアでは日々注意喚起を促しています。

また、日本でもポケモンGOのプレイを原因とした交通事故が問題となっていましたが、韓国でも配信してからたった2日間で36件もの交通事故が報告されています。

こうした問題の数々に対処するために警察庁も動くなど、韓国ではポケモンGOの配信が良くも悪くも大きな話題となっているのです。

海外でも人気のあるポケモンだが

交通事故日本より先にポケモンGOが配信されたアメリカでも、数多くの事故や問題が報道されていました。

日本の生み出したゲームが、こうして海外でも圧倒的な人気を記録していることは大変喜ばしいことですが、それによって深刻な問題が相次いでいるのは悲しいですよね。

日本でポケモンGOを楽しんでいるみなさんも、今一度、自身の行動が周囲に迷惑をかけていないか見直してみるのもいいかもしれませんね。

-ニュース