ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

ジョン・ハンケ氏が今後のポケモンGOについて語る。対戦やトレード機能実装へ!

ハンケCEO

ナイアンティック社のジョン・ハンケ氏は、世界中で爆発的な人気を記録したポケモンGOを生み出した人物です。
そのハンケ氏が、先日の取材で今後のポケモンGOの動きについて答えました。

今回の取材で触れた内容は主に以下の4点。

・対人戦およびトレード機能の実装について

・ジム対戦システムの改善

・ポケモンの追跡機能

・リアルイベントの開催

ポケモンGOにトレード機能実装は近い!?

交換機能多くのユーザーが以前から待ち望んでいる機能のひとつとして、トレード機能の実装があります。この件についてハンケ氏は「サーバーのトラブルさえなければ早期に実装されていた。」と述べています。

「サーバーのトラブル」とは、どの段階のものでしょうか?おそらくは、リージョンロックがかかっておらず、サーバー負荷軽減のために「あしあと機能」が削除された、ポケモンGOリリース後から数か月のかなり早い時期と考えられます。もしポケモンGOリリースから数か月でトレード機能があったなら、現在とは異なる進み方をしていたかもしれないです。

ナイアンティック社では、現在はこのサーバー問題の解決に全力を尽くしており、対人戦およびトレード機能の実装は準備中とのこと。サーバーの改善にどれだけの時間がかかるかは一切わかりませんが、トレード機能の実装はそう遠い未来ではなさそうですね!

現在のジム戦は未発達な段階

ジムバトルジム対戦システムに関しては、前々からユーザーたちの間で不満が続出していましたが、これはハンケ氏によると「未発達な段階」だそうです。つまり、ジム対戦システムはまだまだ改善の余地があるということですので、今後のアップデートに期待したいですね。

追跡機能についても、共同プレイ要素をこれまで以上に強めながら、ユーザーたちが現実世界でもっと楽しみを見つけていけるような調整をするとのことでした。

リアルイベントは無事開催できるのか

ポケモンGOユーザーハンケ氏が2017年のポケモンGO最大のゴールとして見据えているのが、ナイアンティック社主導のリアルイベント開催です。

ハンケ氏自身もこのリアルイベント開催は強く望んでいるとのことですが、現状の人気を考えるとさまざまな課題もあるようです。

今後のポケモンGOはどうなるのか

ハンケCEOこれまでにもポケモンGOの新たな要素やアップデートについて、ユーザーたちの間でさまざまな噂が流れていました。

しかし、このようにポケモンGOの創始者であるハンケ氏自らが言及したことで、噂が確信に変わる部分もあり、ユーザーたちは今からもうワクワクを隠せないのではないでしょうか。

特に以前から期待されているトレード機能や対人戦については、もう実装秒読みと思っていいのかもしれませんね。

トレード機能の実装のデメリット

ただ、一部のゲーム業界関係者がブラックマーケットでのポケモン売買を危惧しているように、トレード機能の実装は危険な一面もあります。

このような事態を避けながら、ユーザーの期待に応えた機能の実装をしてほしいですね。また、ハンケ氏の夢であるリアルイベントもたいへん興味深い話です。

確かに社会現象ともなっているポケモンGOの人気を考えれば、何のトラブルもなく開催するというのは難しそうな気もします。しかし、そのハードルを乗り越え、ぜひ開催を実現させてほしいですね。

-ニュース