ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

関連情報

【ポケモンGO裏話探訪】アンノーンはアルファベット。ポケモン世界は未来の日本?

2017/03/06

アンノーン
ポケモンGOで今最もゲットが難しいポケモンと言われているのは何でしょう?

レアかつジムでも強いカイリュー?日本では沖縄でしかゲットできないサニーゴ?はたまた海外ポケモンのケンタロスやヘラクロスでしょうか?

いえいえ違います。サニーゴや海外ポケモンもお金があって現地にたどり着けばゲットできるはずなので、最も苦労するのは、出現率が低ければ、コンプリートするなら26種類も集めないといけないアンノーンですね。

ポケモン世界ではアルファベットは古代文字

アンノーン全種類アンノーンは見た目の通り、アルファベットが元になっているポケモンですね。今回のポケモンGO裏話探訪はアンノーンにまつわる都市伝説を紹介します。アンノーンは『ポケットモンスター金銀』にて初登場したポケモンです。ポケモン金銀の図鑑においてアンノーンは謎めいた解説がされています。

「すがたかたちが むかしの せきばんに しるされた もじに にており かんけいあるのではと ウワサされる。」

(『ポケットモンスター金』より)

サトシ達のいるポケモン世界では、アルファベットは古代の文字と考えられているということでしょう。

日本地図と符合するポケモン世界

ポケモン地図ポケモン世界ではカントー地方→関東地方というそのまんまのものもありますが、スポットの名前と地図の位置を確かめていくと現実の日本と符合するものが多いです。

そしてポケモン世界の地図を全てつなぎ合わせると日本地図に近い絵が誕生します。ただし、現実の日本からすると幾分狭い地図にもなっています。

つまりポケモン世界は、地球温暖化により海面が上昇して平地が水没したり、大地震の発生によって陸地が変貌した日本の未来を示唆しているのではないか?ということです。

ここまでは多くのサイト取り上げられている見解です。

ポケモン世界は90年代中盤の終末観から生まれた

ケーシィここからは当サイト独自の見解を加えたいと思います。

前回の【ポケモンGO裏話探訪】で、スプーン曲げのユリ・ゲラーが任天堂とポケモンを訴えたユンゲラー裁判を紹介しました。また、ユンゲラーの進化前にあたるケーシィの元ネタとして考えられているのが、アメリカの予言者エドガー・ケーシーでした。勿論、ユンゲラーがユリ・ゲラーで、ケーシィがエドガー・ケーシーが元ネタというのは、公式に明言されていません。

エドガー・ケーシーは「アトランティス大陸が再浮上を始めることにより、地球規模の大破壊が発生。アメリカ西側の大地は割れ、日本は沈没する」として、それが起こるのが「1958年から1998年の間」と予言を行っていました。

ポケモン世界は、エドガー・ケーシーの予言が一部反映された世界なのでは?と。

暗い世相の1995年にポケモンは開発された

エドガー・ケーシーの大予告勿論、開発スタッフがエドガー・ケーシーの影響下にいたとは断言できませんし、五島勉先生のエドガー・ケーシー本もせいぜい参考書の一つくらいでしょう。

しかし、1996年2月に発売されたポケモン赤緑が開発されていたであろう1995年は阪神大震災に、オウムによる地下鉄サリン事件など、平和が続くと思われていた日本社会からはあり得ない出来事が続き、胡散臭いと思われていたノストラダムスやケーシーの予言がもしかしたら当たる?と一部で思われた年でした。

ポケモン世界が、現代日本=古代文明が滅んだ後の世界だとすれば、こうした世相から生み出されたということです。

-関連情報