ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

【ポケモンGO】報酬は1万から!クラウドワークスでポケモン講師を募集中!?

クラウドワークスで講師募集
ポケモンGOをしながら家の近所のジムを通りかかると、CP3000超えのカイリューやらカビゴン、ハピナスを見かけるわけですね。

時間をかけて努力して強化してきたんだろうなと。

そうした高CPのポケモンが防衛用に置いてあるのを見るたびに、自分の手持ちのポケモン達ではどうにもならないと諦めて素通りするのが日常ですけれども(ナッシーのcp1740が最高です)。

ポケモンで強くなりたいという方向けに、なんとクラウドワークスで講師が募集されているというのです!しかし、ポケモンGOではなく、『ポケットモンスターサン・ムーン』の講師募集でした。

ポケモン講師、報酬は1万円から!

サンムーンの対戦クラウドワークスは企業でも一般人でも依頼主になることができて、サイトを介して報酬を設定して、会社員や在野の技術者問わず仕事を依頼、または逆に、一般人も仕事依頼を探すことのできるサービスです。

今回のポケモン仕事の依頼では、報酬は1万円〜5万円で、仕事内容は依頼者とSkype等でやりとりをし、ポケモンのレートについて教えたり、パーティを添削するという内容とのこと。しかし、レート2000以上の猛者のみの受付で、ネットの知識だけでは難しい模様。募集期限は3/17までのようです。

上記の記事によれば、依頼主は21歳の男性で、『ポケットモンスタールビー・サファイア』でポケモンのネット対戦であるレーティングバトルを知り、サンムーンより本格的にハマったものの、最終レート1840から1900を越えることができず、試行錯誤の末に、クラウドワークスでのポケモンバトル講師依頼に至ったとのこと。

ポケモンのネット対戦は、シリーズを重ねるごとに深化と複雑化が進んで、高いレベルで勝つには、高度なプレー知識と経験が求められるようです。

ポケモンGOで対戦機能が実装されたら

ジムでのハッサム市井の技術者に直接依頼できるクラウドワークスのこうした使い方がユニークだと思ったのと、ポケモンGOでも対戦機能が実装されれば、いずれ高度化していき、クラウドワークスのような仕事依頼サイトでポケモンGOの技術レベルアップを目的とした仕事の依頼もまた現れるのではないかと感じました。

ポケモンGOで対戦機能はまだ実装されていません(ナイアンティック社のハンケCEOは実装を明言しているため、されることは間違いないでしょう)が、その実装が楽しみなところです。

-ニュース