ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

【ポケモンGO】0.61.0へのアップデート開始!協力プレイ要素追加か?4/10追記

2017/04/10

0.61.0アップデート
4/6に0.61.0へのアップデートが発表されました。公式サイトによれば「繁体字中国語でのプレい可能」「ポケモン画面でのスクロールバー表示の更新」「テキストの修正」となっております。

また、ようやくというべきでしょうか、起動時の画面のイラストも変更されています。

協力プレイ要素が近日実装?

本当にこれだけで終わりのアップデートでしょうか?

前回のアップデート時も、発表時は特に新要素の追加はなかったですが、3月後半のみずポケモン祭りがあり、金色のコイキングと赤いギャラドスが仕込まれていました。

なので、今回のアップデートも何かあるはずですが、どうやら「協力プレイ」要素が近日実装されるという情報が入ってきました。

「協力プレイ」とは何でしょうか?

おそらくですが、ポケモンGOより先行してリリースされている同じタイプのARゲーム『INGRESS』(イングレス)は陣取りゲーム的な要素があり、2陣営に分かれて拠点(ポータル)を奪い合うというものがあります。

それプラス、ポータルを巡るスタンプラリーや、パズル的な要素も含まれて、奥の深いゲームになっています。

ポケモンGOもゲーム開始時に「赤」「青」「黄」の3つの陣営を選べるようになっていて、チーム分けはされています。

自分が所属している陣営以外のジムに行くとジムバトルができるようになっていて、最後まで勝つことができれば、ジムをクラッシュして、自陣営のジムを建てることができますが、チーム分けにはそれ以上の意味はないところでした。

しかし、『INGRESS』のようなチーム戦の要素が加われば、ようやく最初のチーム分けの意味が出てくるところとなります。

懸念される「赤」「青」「黄」の人数差

3大チームただし一つ問題なのは、「赤」「青」「黄」の色分けと各色のシンボルマークが伝説のポケモンゲットに関連すると勘付いたポケモンファンも多く、それによって所属チーム人数に偏りが出ています。今のところは「青」が最も人数が多いようです。

なので、「協力プレイ」(チーム戦要素)が今から「はいスタート」となると、「青」が有利になると思ってしまいますが、その点はどうなのでしょうか?

陣営の所属人数でハンディを付けられるのはさすがにどうかというところなので、人数はあまり関係のないシステムやゲームバランスに仕上げてくるでしょう。

リリース時期は「北半球に春が訪れる頃、プレイヤーたちは『ポケモンGO』の新しい協力プレイ要素を期待することができるでしょう」ということなので、まだまだ春を待ちましょう。

4/10追記:伝説ポケモンをトレーナーみんなで協力して倒すものか?

「協力プレイ要素」についてこういった説も出ています。

ポケモンGOのリリース開始前に公開されたPVにおいて、ニューヨークのタイムズスクエアにトレーナーが集まって、みんなでミュウツーを倒す協力プレイのシーンがイメージ動画として紹介されていました。

ナイアンティック社が言う「協力プレイ」とはこういったイメージがあるのではないかと考えられるところです。

「協力プレイ」はどういった形で実装されるのでしょうか?北半球に春が訪れる頃を待ちましょう。

-ニュース