ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

攻略情報

【ポケモンGO】ヤミカラスの意外な使い道とは?

2017/04/13

ヤミカラスは捕まえておこう
ポケモンGOにて、2月に金銀ポケモンが追加されて以降、町で頻出するポケモンにヤミカラスがいます。

最初はCPが少し高くて、「レアポケモン?」と思わされてゲットしようとするのですが、ボールを投げても投げても飛び出してきてなかなか捕らえられず、ハイパーやスーパーボールを使わないといけなくなることもありました。

しかしゲットしてみれば、技が強くなくジムバトルで使える、しかも進化しないということで使い道のないポケモンですね。

ポッポやコラッタのように少ないアメで進化するならレベリングのためのマラソン用に取っておくことも考えられますが、そういったこともできないです。

ヤミカラスを無視するのは勿体ない

ヤミカラス「頻出する」「捕まえにくい」「進化しない」ということで、いつしか無視しているポケモンGOトレーナーもいるかと思いますが、ゲットしないでいるのは勿体ない面もあります。

というのも、「あく」タイプであるヤミカラスは、メダル「こわいおねえさん」の対象ポケモンの一つで、「あく」タイプの金メダルゲットに使いやすいからです。

ポケモンGOにおいて、「ノーマル」から「あく」タイプまで全18種類の属性のメダルが用意されていますが、ポケモンを一々捕獲して、それぞれの属性のメダルをゲットしていくと、ポケモンをゲットしやすくなるメリットがあります。

銅だと該当するタイプの捕獲率+1、銀だと捕獲率+2、金だと捕獲率+3にまでなります。

あくタイプのポケモンが元々少ない

野生のバンギラスしかも、「あく」タイプのポケモンは今のところ全部で6種類と少なく、そのうちブラッキー、ヘルガー、バンギラスは進化ポケモンのため野生での出現率が低いので、トレーナーレベルの低いうちはヤミカラス、ニューラ、デルビルの三種類を集めるしかメダルゲットの方法はありません。しかも、ニューラ、デルビルはヤミカラスと比べると出現率の低いポケモンになります。

また、野生のバンギラスは出現率も低ければ、高CPでゲットしにくいポケモンですが、メダル「こわいおねえさん」で金メダルをゲットしていれば、いざ出現した時のハードルも低くなります。

なので、ヤミカラスは見かけたら必ずゲットしておいた方が良いと言えます。

ヤミカラスは第4世代で進化する

メダルゲットを目的にするなら、博士送りにしてもいいですが、モンスターボックスを逼迫しないなら高CPのヤミカラスは残しておいて損はないです。

ヤミカラスは第4世代のダイヤモンド・パールのポケモン追加の際には、ドンカラスに進化することができます。原作においてドンカラスは進化アイテム「やみのいし」が必要で、HPや攻撃力の高いポケモンとなっています。

ポケモンGOにて第4世代の登場は早くて2017年末か来年でしょうが、第4世代追加もにらんでCPが1000超えるようなヤミカラスがいるならストックしておいた方が良いでしょう。第3、4世代が追加される頃には1、2世代のポケモンのポケモンの出現率も低くなることも考えられます。

-攻略情報