ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

【ポケモンGO】公式サーチ(ニアバイ)の使い勝手はどう?

ニアバイ機能の使い勝手は?
公式サーチ(ニアバイ)が日本版でも実装されて、皆さん、使い勝手はどうでしょうか?

公式サーチ(ニアバイ)はトレーナーの近隣にあるポケストップの近くにいるポケモンが表示され、そのポケストップの地図上での場所を表示してくれるゲーム内でのサーチツールです。

今までの「近くにいるポケモン」だと、表示されたポケモンが近くにいることだけを頼りにほぼ闇雲に歩くしかなかったところですが、公式サーチ(ニアバイ)だと、わかりやすく目星はついているので目標とするポケモンに向かって一直線に向かうことができます。

なので、町のポケストップが多い場所でポケモンを探すなら、次々とサーチして効率良くポケモンをゲットしていくこともできる便利ツールです。

ナイアンティック社側によるポケモンGOの遊び方の提言

セブンイレブン公式サーチが実装されて、ナイアンティック社側のポケモンGOの遊び方がより明確に提言されています。

ポケモンGOは当初より地図上のポケストップを目印に、それをつたって歩いていくことを提案していたとは思いますが、ユーザーはどちらかといえば歩くことよりもレアポケモンが欲しいですから、ゲーム外のサーチツールを使ってポケモンに直接たどり着いてしまいます。

しかし、ナイアンティック社側としては、ポケストップに出稿するスポンサー企業が増えた昨今、ユーザーにスルーされてしまっては望ましい状況ではないところです。

そこで、ポケストップ付近にポケモンがいることを明確にして、マクドナルドやソフトバンク、セブンイレブンといったスポンサー企業の店舗付近にもユーザーを誘導して広告効果を高めることを狙ったのだと考えられます。

「近くにいるポケモン」とニアバイの切り替えを望む声も

近くにいるポケモン以前の「近くにいるポケモン」では闇雲に歩かなければならなかったものの、少なくとも表示されているポケモンがトレーナー付近にいることは確かでした。

公式サーチ(ニアバイ)の場合、トレーナーの周囲にいるポケモンは、ポケストップ付近にいない限り不明で、それを取り逃してしまう懸念があります。

なので、「近くにいるポケモン」と公式サーチ(ニアバイ)の切り替えができれば良いという声はネット上で散見されましたし、ピーゴーサーチのようなゲーム外部のツールはやはり手放せないのではないかといったところです。

やっぱりポケストップが少ない地域はこうなった

地方でのニアバイところで、ポケストップ数の少ない地域では公式サーチ(ニアバイ)はどうなっているのかというのは気になっていました。

ポケストップの多い都会ではユーザーを地図上のポケストップをつたって歩かせることもできるでしょう。しかし、ポケストップ数の少ない地域ではやはり左上の画像のように遠く離れた場所のポケストップをサーチしてしまうようですね。

この場合、遠い場所でもサーチができた方がいいのか、「ポケストップがありません」になって無情にも諦めさせられるほうがいいのかは好みです。

こういった状況になるとすれば、「近くにいるポケモン」と公式サーチ(ニアバイ)の切り替えがあった方がいいということになりますね。

今後、公式サーチ(ニアバイ)がブラッシュアップされることが期待されます。

-ニュース