ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

ニュース

【ポケモンGO】ジョイフルとコラボでポケストップ増加へ!何故ガストではなかったか?

ジョイフルとコラボ開始
4/26にファミリーレストランのジョイフルと、ナイアンティック社およびポケモンがポケモンGOにおけるパートナーシップ契約の締結を発表しました。

ジョイフルは全国789店舗あり、703店舗がポケストップに、79店舗がジムとしてポケモンGOの中に登場します。

ジョイフルとは?

ジョイフル店舗ジョイフルは本社が大分県大分市に持つファミリーレストランです。原則全店直営で全789店舗展開しており、ファミレス業界の店舗数ではガスト、サイゼリヤに次いで日本全国3位です。

中国地方、関西、北陸、東海、関東、東北地方にも出店しています。ただし、宮城県と福島県以外の東北地方や、甲信越地方、神奈川県には店舗がありません。また、東京・大阪(※東京こそ赤坂に1店舗オープンしましたが)でも中心部とは離れた地域に店舗があります。なので、東京や大阪の中心部で生活しているとピンと来ないかもしれません。

ポケモンGOとのコラボは何故ジョイフルだったのか?

今回、ジョイフルがファミレス業界では先駆けてポケモンGOとのコラボを締結しました。

ジョイフルでも2008年のリーマンショックといった世界同時不況を原因とする不採算店舗の整理を行うなどしており、決して好調な業界とは言えないです。ファミレス業界だけでなく外食産業全体が生き馬の目を抜く競争の激しい業界ですから、どの企業でも起爆剤が欲しいところ。ジョイフルとしては当然ながらポケモンGOによって来店者数増加に繋げたいという意図はわかります。

ポケモンGO側の狙いは地方での店舗数

ガスト一方、ナイアンティック社およびポケモン側の狙いは何でしょうか?ファミレス業界といえば、前述したようにガストやサイゼリヤが店舗数が多く、知名度はデニーズやロイヤルホストも高い印象があります。しかし、それらを差しおいて何故ジョイフルなのでしょうか?

勿論、それらのファミレス業界大手がポケモンGOとのコラボに手を挙げなかった可能性はありますが、ジョイフルが九州に多数店舗を持っていることは大きいと考えられます。

地域ガストサイゼリヤジョイフル
全国13811028789
福岡県3723121
大分県9055
佐賀県8036
長崎県12029
宮崎県6045
熊本県11053
鹿児島県11058
沖縄県11010

なおガストだけでなく、バーミヤン等のすかいらーくグループの店舗を含めても、九州での店舗数はジョイフルに軍配が上がります。ジョイフルは九州に地域密着型のファミレスだった訳ですね。

ポケモンGOは地方でのポケストップ数不足が課題で、ネット上の各所で批判されているところです。

ポケストップはナイアンティック社のARゲーム『INGRESS』(イングレス)のデータが元になっていて、イングレスの上位プレイヤーが申請して送った写真と文をナイアンティック社で審査したものをポケストップ化していたので、イングレスのプレイヤーが少ない地域(当然ながら人口の少ない地域)ではポケストップ数が少なくなる傾向がありました。

ガストやサイゼリアとのコラボでは都市部でのポケストップが増える

地方でのニアバイその点、企業とのコラボは一々審査の必要もなく、短期にポケストップを増やすことができます。全国展開している飲食業とのコラボはすでにマクドナルドがあり、都市部での企業コラボはマクドナルド、ソフトバンク、セブンイレブンで十分カバーできていると考えているのでしょう。

全国展開していて店舗数が多いといえど、ガストやサイゼリアとのコラボであれば、結局のところ都市部でのポケストップやジムが増えるだけなので、そこで目を付けたのが九州広域に店舗数を数多く持つジョイフルだったということではないでしょうか。

セブンイレブンそして今回のジョイフル等、ポケモンGOが地方でのポケストップ不足の解決に急速に取り組んでいるのは見られます。

また、地方で多くの店舗を構える企業ならポケストップ化を通しやすい状況ではないでしょうか。

-ニュース