ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

関連情報

ポケモンEXPOジムが営業終了へ。損失15億円。ポケモンGOブームで株価暴騰したのに…

ポケモンEXPOジム営業終了へ
大阪府吹田市の大型ショッピングモール・エキスポシティにあるポケモンEXPOジムが2017年9月24日に営業を終えることが決定になりました。

上記の朝日新聞の記事によれば、来場者数が目標の半分にも満たず、ポケモンEXPOジム運営会社の親会社にあたる造船会社「サノヤスホールディングス」は4/28に、施設の減損などで15億円の特別損失を出し、2017年3月期の純損益が24億円の赤字(前年は2億円の黒字)になると発表しました。

昨年7月、ポケモンEXPOジム自体はポケモンGOとは直接関係無いながらも、ポケモンGOリリース直後のブームに乗ってサノヤスホールディングスは大幅に株価を上げました。

しかし、その勢いをポケモンEXPOジムに還元することはできなかったようで、営業終了の運びとなりました。

ポケモンEXPOジムとは

ポケモンEXPOジムはポケモン達によるテーマパークですね。2015年11月にオープンしました。アトラクションとしては、大阪らしさを狙ったリザードンとカイリキーによる漫才劇場などがあります。

またポケモングッズも購入でき、ポケモンGO関連グッズとしては一時期品薄状態になっていたポケモンGOPlusも販売していました。

エキスポシティ自体は、大阪府吹田市のエキスポランド跡地で梅田、難波といった大阪の中心部からは地下鉄や阪急、モノレールを乗り継いで40~50分ほどかかるので多少行きにくい立地ですが、ガンバ大阪の吹田スタジアムが隣接していることもあって、2015年の開業以来、土日祝日は常に混雑する施設になっています。

ポケモンEXPOジムは水族館の「ニフレル」が隣にあり、観覧車の入り口や飲食店が並んでいて、エキスポシティでも人通りの多い立地にありました。

ポケモンGOブームを生かしきれなかった?

サノヤホールディングス株価ポケモンというキャラクター、大阪の中心部から離れているがエキスポシティという集客力ある立地、そしてポケモンGOブーム等、成功する要素は多々あったとは思います。

実際、運営親会社のサノヤホールディングスの株価はポケモンGOブームに乗って暴騰し、ポケモンEXPOジムもポケモンGOPlus発売時には行列が出来たと聞きます。

それでもビジネスとして成功しないとは難しいですね。

-関連情報