ポケモンGO攻略プレス

ポケモンGO攻略プレスはポケモンの巣・出現場所・アップデートなど最新情報をお届け

攻略情報

【ポケモンGO】新緑の季節を楽しもう!くさタイプイベント開始(5/15追記:結果発表とは一体?)

くさタイプイベント開始
5/6~5/8の間、ポケモンGOにおいて「新緑の季節を楽しもう!」と題する「くさ」タイプ出現率アップイベントが開催されることになりました。

イベントの終了日は5/8となっていますが、過去のポケモンGOのイベントの例をふまえると日付変わって翌日の朝まで続くことが恒例となっています。

なので5/9の朝5~9時頃まではイベント終了にはなっていないでしょう。

「くさ」タイプイベントでどうしてもしたいことがあるなら5/8の23:59までに励んでおいて、終了日翌日については「ボーナスステージ」として捉えておくのが無難でしょう。

「くさ」タイプ何を集めるべきか?

今回のポケモンGO「くさ」タイプイベントは何を集めるべきでしょうか?私の独断と偏見で優先順位ベスト5を振り分けてみました。

5位:タマタマ

タマタマ「くさ」タイプ最強の攻撃力を持つナッシーをゲットするためですね。

タマタマは町でも見かけるポケモンなのでゲットしやすく、すでにナッシーを持っている方は多いと思いますが、チコリータの最終進化系のメガニウムや、フシギダネの最終進化系のフシギバナといった御三家勢よりも、育てやすく、強いので、ジムでの強さを求める方なら高CPと最適技のナッシーをより追い求めても悪くはないでしょう。

4位:マダツボミ

マダツボミマダツボミも町で見かけるポケモンなので集めるハードルの低いポケモンですが、最終進化系のウツボットに育てるまでには、マダツボミのアメ25個でウツドンに進化させたうえで、更ににマダツボミのアメが100個必要という手のかかるポケモンです。

ウツボットにまで育てると「くさ」と「どく」の2タイプ持ちで、技も「くさ」と「どく」タイプどちらかしかないのでタイプ一致が必ずするポケモンとしてジム攻撃用にも使えます。

3位:ナゾノクサ

ナゾノクサ町で見かけるポケモンですが、最終進化系のラフレシアに育てるまで、ナゾノクサのアメ25個でクサイハナに進化させて、かつ、そこからナゾノクサのアメ100個が必要です。

また、クサイハナから、ナゾノクサのアメ100個と進化アイテム「たいようのいし」でキレイナハナにも進化できます。

この進化を完了させるならアメがナゾノクサのアメが250個必要になってくるので、なかなかハードルは高いです。

ラフレシアもキレイナハナもまだ持ってない方は、この機会に挑んでみてはいかがでしょうか。

2位:チコリータ

チコリータポケモン金銀の御三家の一角ですね。最近は町でも見かけるようになりましたが、メガニウムにまで育てるのはチコリータのアメ25個でベイリーフに進化させたうえで、さらにチコリータのアメが100個必要と苦労します。

技が高い確率で「くさ」タイプで一致するので、ジム攻撃用として使いやすいポケモンです。

1位:フシギダネ

フシギダネポケモン赤緑の御三家の一角で、「くさ」タイプポケモンの代表的存在です。

フシギダネが巣はあるけれども出にくいポケモンな上、フシギダネからフシギソウに進化させるのにアメ25個、フシギソウからフシギバナに進化させるのにアメ100個必要という苦労させられるポケモンです。

フシギバナも技が高い確率で「くさ」タイプで一致するので、ジム攻撃用として使いやすいポケモンです。

「くさ」タイプは他のポケモンと比較して元々が出現しやすいポケモンですが、この「新緑の季節を楽しもう!」イベントで、より沢山の「くさ」タイプポケモンを集めて、高CP、最適技の「くさ」タイプポケモンを追い求めてみてはいかがでしょうか?

5/7追記:「くさ」タイプ増えている実感が沸かない?

ポケモンGOの今回のイベントで、「くさ」タイプポケモンは順調にゲットできていますか?私の実感としては、主に町でポケモンをゲットしているせいかもしれませんが、「くさ」タイプの出現率が大きく増えたという感じはしないんですよね。

ヒマナッツ、ナゾノクサ、マダツボミはゲットできていますが、0が1になったかくらいにしか感じないです。イベントでなくても出ている気はしますし。

「くさ」タイプポケモンが出る巣に行けばまた違うということでしょうか?

また、すでに図鑑を埋めてしまっている方であれば、フシギダネとモンジャラは集めておいていいでしょう。出番はまだ先ですが、第4世代での進化ポケモンが追加されるからです。

5/15追記:くさタイプ祭り、チームごとの結果発表とは一体?


ポケモンGOのtwitterにおいて、5/6から5/8までに開催された「新緑の季節を楽しもう!」、「くさ」タイプ出現率アップイベントの青赤黄の出現率アップイベントの結果発表がありました。

最も多くゲットしたのが青チームで、1億1600万体、2位が赤チームで1億200万体、3位が黄で7200万体という結果になっています。

チーム人数が多いチームが最も集めた印象です。

この結果発表は今回のイベントからですが、以前からナイアンティック社のジョン・ハンケCEOが「チーム戦」を希望しています。

この「チーム戦」がジムのレイドバトルのことなのか、『INGRESS』にあるようなチーム対抗戦のことなのかはまだ不明ですが、こうした結果発表があるということは、ポケモンゲット数を競うチーム戦を導入しようか思案しているのではないかと考えられますね。

ただ、チームごとによる人数差を是正するアイディア(チーム人数に対してのポケモンゲット率にするとか)そういった工夫がなければ不公平にはなってしまいます。

今回の結果発表が今後どう発展していくのか、見守っていきましょう。

-攻略情報